SSブログ
前の10件 | -

日本サルトル学会会報 第66号 [会報]

研究例会のご報告
 第46回研究例会を下記の通り、オンラインで開催しましたのでご報告いたします。
 今回の研究例会では、昨年講談社学術文庫より翻訳が刊行されたサルトル『イマジネール』をめぐるミニ・シンポジウムが行われました。以下、報告文を掲載いたします。

ミニ・シンポジウム「『イマジネール』をめぐって」
日時:2020年12月19日(土)16:00 - 20:30
場所:zoom によるオンライン開催

・澤田直(立教大学)「サルトルのイメージ論:想像界と現実界 その境界はあるのか」
・水野浩二(札幌国際大学)「イメージは本当に貧しいのか」
・関大聡(東京大学大学院)「思考、言語、イメージ――サルトルの高等教育修了論文(1927)とその指導教官アンリ・ドラクロワ」

 2020年5月、コロナ禍のなかでL’imaginaireの新訳が『イマジネール 想像力の現象学的心理学』として講談社学術文庫より出版された。これはアルレット・エルカイム=サルトルの校訂のフォリオ版の完訳であり、アルレットの序文は初訳となり、訳注と訳者解説の充実も特筆される。今回はこの出版を記念して、インターネット上のZoom会議室でミニ・シンポジウムが開催され、翻訳者である澤田直・水野浩二両氏による発表と、先ごろヴァンサン・ド・コールビテール「イメージ、身体と精神の間で サルトルの高等教育修了論文」の翻訳を『レゾナンス』誌に掲載した関大聡氏の発表が行われた。澤田氏は東京から、水野氏は札幌から、関氏は留学中のパリからの参加となった。

 澤田直氏は、まず『イマジネール』が心理学研究の流れのうちに生まれつつ、イメージの問題のターニングポイントとなった著作であることを示す。それまでフランス哲学においてイメージは主要な問題点ではなかった。それに対して、心理学ではサルトルが取り上げる問題が活発に議論されていた。とりわけジョルジュ・デュマの監修した『心理学概論』および『心理学新概論』が多くの研究者を巻き込んで、多角的な研究成果を発表していた。澤田氏は、サルトルがこれらの知見を存分に利用しつつ、それを哲学の領域へと転換していた点に着目する。それは知覚とイメージを峻別し、知覚を実在的な定立作用、イメージを非実在的な定立作用として考えることによる。従来の心理学的アプローチから離れて、より包括的な視座からなされた主張は、同時代のブランショ、レヴィナス、メルロ=ポンティ、そして後に続く哲学者、文学者たちの反応を呼び起こすことになった。19世紀においてフランスの哲学者たちはイメージの問題を扱わず、もっぱら詩人、文学者たちの領分であった。これはプラトン以来の哲学がロゴスを中心とし、イメージを排除してきたからである。
 こうした明快な見取り図の提示のあとで澤田氏は、知覚と想像の二分法とは何かという問いに議論を進める。Présence、absenceと定立の問題が結びつくことで生じた現実界と想像界の対立は果たして、適切だろうかという問いである。澤田氏はその違和感を口にし、サルトルのイマジネール論がこの後十全な展開が続かなかったのは、サルトル自身が知覚とイメージでの二元論では十分ではないとうすうす感じていたためではないか、という考えを開陳する。
 ここで言及されるのは、サルトルが晩年に「イマジネール」の問題を取り上げなおした『家の馬鹿息子』における「脱現実化」であり、最初期の1927年の高等教育修了論文『心的生活におけるイメージ』に登場する「多重知覚」surperceptionである。後者は澤田氏によれば、写真の二重露出に似て、一つの知覚が別のものを喚起し、二重化するものであり、これと似たものが、『イマジネール』の物まねについての記述にあるとする。確かに物まねにおいては、「完全な知覚でも完全なイメージでもないハイブリッドな状態」(p.93)が生じるとあり、精査に値する。知覚と想像の峻別という『イマジネール』の根本問題に外部の視点からの批判でなく、サルトル自身の思考に即して訳者が言及した意義は大きい。この峻別の再検討という問いはここに口火を切られ、今回のシンポジウムを通して繰り返し言及されていくことになった。

 水野浩二氏は、イメージの貧しさをキーワードとして論じた。イメージの「本質的貧しさ」という表現は、サルトルのイメージ論をネガティヴに評価する人たちによって好んで使われてきたものであるが、水野氏はその表現を俎上にのせ、明快な議論によって誤解を解いていく。
 まずこの表現がでてくるのは、ひとはイメージとしてのパンテオンの柱の数を数えることはできないというアランの発言である。サルトルはこれを引いて、イメージの準観察という特徴を説明している。水野氏はイメージの本質的貧しさはイメージの対象の貧しさのことであり、イメージの対象が貧しいのはイメージの素材が貧しいからであるとまとめる。一方、意識の作用としてイメージを見るならば、そこには自発性があり、非現実的なもの、想像的なものを志向する人間の自由を認めることができ、豊かなものとして理解できることになる。
 以上を踏まえて、水野氏は、ご自身が訳されたフランソワ・ダゴニェの『イメージの哲学』(法政大学出版局)の議論を参照しつつプラトン主義との関係について論を進める。ダゴニェはサルトルをプラトン主義に陥っていると批判する。イメージから正確で新しい情報が得られないのは、サルトルがイメージを現実の影とみているからで、これこそプラトン主義の証左であると。これに対し、水野氏はサルトルの画家の制作に関する記述が、プラトン主義批判になっているという。サルトルによれば画家は物質的なアナロゴンを作るだけであり、先に自分の心的イメージがあり、それを絵画化しているのではないのだから。
 最後に水野氏は、イメージの語義の曖昧さにもどり、意識の作用としての側面と図像という側面をサルトル自身が意識し、利用していることを指摘した。

 関大聡氏は、1927年、サルトルが高等師範学校在学時に執筆し、2018年にÉtudes sartriennes誌に掲載された『心的生活におけるイメージ 役割と本性』という研究の最前線の資料を扱った。しかし単なる紹介ではなく、サルトルが指導教官アンリ・ドラクロワの著作『言語と思考』を精読していることを示し、その影響と離反を1927年論文と『イマジネール』におけるイメージと思考に関する記述の変化に探るという野心的なもので、パワーポイントを駆使しつつ圧倒的な情報量と緻密な議論によって聴衆を魅了した。
 関氏は、まずこの時期のサルトルに言語に関する関心の薄さを指摘し、その理由としてドラクロワの「言語なき思考は存在しない」をずらした「イメージなき思考は存在しない」という主張によって、イメージ論のうちに言語論は回収されてしまったのではないかと考える。この主張は新カント派に対する、思考のイメージ的豊かさの強調であり、イメージを言語に対して優位におくものであった。だがこの主張は、1940年の著書では放棄されたとする。関氏によれば、『イマジネール』の心的イメージの準観察という特徴からは、イメージ自体が知であって、思考の道具になるものではないことが導き出せる。これを関氏はイメージ的知と呼ぶ。その一方、サルトルはイメージを欠いた純粋な知、いいかえると関係性の意識が存在することを明言しており、よって2種の知が存在する。
 さらに関氏は、ドラクロワではイメージは言語より劣った思考の道具としてとらえられており、逆の主張のサルトルはドラクロワの言語論を援用しつつ変形していると指摘し、ここに裏切りの師弟関係という人間ドラマを重ねた。この師弟関係の提示は多くの聴講者にとって意表を突くものであっただろう。影響としては、当時サルトルがドラクロワの著作からソシュールについて知識を得ていた可能性、単語よりも文を重視するドラクロワの言語論の継承が指摘された。

 この後、発表者間の応答に加え、参加者からも『イマジネール』の深い理解に基づく高度で鋭角的な質問が続き、シンポジウムは非常に充実したものとなり、最終的には4時間を越えるものとなった。また今回は会員外の聴講も多く、30名を超える参加者があった。
(報告:黒川学)


理事会からのお知らせ
・日本サルトル学会では、研究発表・ワークショップ企画を随時募集しています。発表をご希望の方は、下記のメールアドレスにご連絡下さい。なお例会は例年7月と12月に開催しています。次回例会は、2021年7月に、生方淳子著『戦場の哲学――「存在と無」に見るサルトルのレジスタンス』の合評会を予定しております。オンラインか、オンサイト(立教大学)か、ハイブリッドかは、今後の状況などを勘案して決定いたします。
・会報が住所違いで返送されてくるケースが増えています。会員の方で住所、メールアドレスが変更になった方は、学会事務局までご連絡ください。なお、会報はメールでもお送りしています。会報の郵送停止を希望される方は、事務局までご連絡ください。

以上
nice!(0)  コメント(0) 

「墓場なき死者」上演のお知らせ [演劇]

「墓場なき死者」が1月31日から東京の下北沢で上演されるとのことで、お知らせします。
劇団公式サイトhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/mss/index.html
チケット予約ページhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/form_elegy/index.html

オフィスコットーネプロデュース
第31回下北沢演劇祭参加作品
「墓場なき死者」
翻訳:岩切正一郎
演出:稲葉賀恵(文学座)
プロデューサー:綿貫凜
2021年1月31日~2月11日 駅前劇場
mss_front.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日本サルトル学会会報第65号 [会報]

研究例会のご案内
 第46回研究例会を下記の通り、zoom を利用してオンラインで開催しますのでご連絡いたします。
 次回の研究例会では、本年(2020年)に講談社学術文庫より日本語訳が刊行された『イマジネール』をめぐってミニ・シンポジウムが行われます。
 登録フォームを用意致しましたので、参加ご希望の方は下記URLよりご登録をお願い致します。
当学会では非会員の方の聴講を歓迎いたします(無料)。多くの方のご参加をお待ちしております。

第46回研究例会
日時:2020年12月19日(土) 16 :00~  
※フランスからの参加も想定し、夕方からの開催となっております。ご注意ください。

【プログラム】
16:00 冒頭挨拶
16:05 ミニ・シンポジウム「『イマジネール』をめぐって」
趣旨説明
澤田直(立教大学)「サルトルのイメージ論:想像界と現実界 その境界はあるのか」
水野浩二(札幌国際大学)「イメージは本当に貧しいのか」
関大聡(東京大学大学院)「思考、言語、イメージ――サルトルの高等教育修了論文(1927)とその指導教官アンリ・ドラクロワ」
全体討論
17:50 休憩
18:00 総会
18:45 近況報告・情報交換会
※今回はオンライン開催のため懇親会は行いませんが、総会終了後に、zoom上で簡単な近況報告および情報交換の場を設ける予定です。

参加登録フォームURL  https://forms.gle/RF92Baz9B2qRHq8S8 
※zoom開催に関する細かな注意は、こちらのフォームにてお知らせします。

  

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日本学術会議への人事介入に反対する声明 [声明]

今回の日本学術会議人事にかんする菅政権の政治的介入に強く反対する

日本サルトル学会
会長 鈴木道彦
代表理事 澤田直
理事 生方淳子
理事 黒川学
理事 鈴木正道
理事 竹本研史
理事 永野潤
理事 水野浩二
理事 翠川博之
理事 森功次
会員 赤阪辰太郎
会員 海老坂武
会員 北見秀司
会員 小林成彬
会員 永井玲衣
会員 根木昭英
会員 森田秀二
他会員1名
nice!(0)  コメント(0) 

日本サルトル学会会報第64号 [会報]

研究例会のご案内
 第45回研究例会を下記の通り開催いたしますので、ご連絡致します。
 先般お伝えしました通り、日本サルトル学会では新型コロナウイルス感染症への対応について理事会で協議した結果、次回研究例会をzoomを利用したオンライン開催とすることに決定致しました。
 次回の研究例会では、小林成彬氏(一橋大学)による研究発表が行われます。
 登録フォームを用意致しましたので、参加ご希望の方は下記URLよりご登録をお願い致します。
当学会では非会員の方の聴講を歓迎致します(無料)。多くの方のご参加をお待ちしております。

第45回研究例会
日時:2020年10月11日(日) 16 :00~  
※フランスからの参加も想定し、夕方からの開催となっております。ご注意ください。

【プログラム】
16:00 冒頭挨拶
16:05 研究発表:小林成彬(一橋大学)
    「ティントレットの物語──サルトルとランシエールから」
    司会:森功次(大妻女子大学)
17:30 休憩
17:40 総会
18:15- 近況報告・情報交換会
※今回はオンライン開催のため懇親会は行いませんが、総会終了後に、zoom上で簡単な近況報告および情報交換の場を設ける予定です。

参加登録フォームURL  https://bit.ly/2F13cKb
※zoom開催に関する細かな注意は、こちらのフォームにてお知らせします。  

発表要旨
小林成彬(一橋大学)「ティントレットの物語──サルトルとランシエールから」

ジャック・ランシエールは『哲学者とその貧者たち』(1983)で苛烈極まるサルトル批判を展開している。しかしながら、彼はもともとサルトリアンであり、近年のインタビューにおいても自身が大きくサルトルから影響を受けていることを隠そうとしない。しかし、ランシエールとサルトルが比較検討される機会は世界的に見てほとんどなかったと言ってもいいのではないだろうか。本発表では、『哲学者とその貧者たち』のサルトル批判を軸にしつつ、両者を比較検討し、サルトル美学の政治的射程を改めて探っていきたい。

サルトル関連文献
・澤田直:「文学とは何か──加藤周一、サルトル、そして〈独自的普遍〉──」三浦信孝・鷲巣力編『加藤周一を21世紀に引き継ぐために 加藤周一生誕記念国際シンポジウム講演録』)(水声社、2020年 p. 251-270)
・竹本研史「個人の実践と全体化の論理――ジャン=ポール・サルトルにおける特異性の位相」、東京大学大学院総合文化研究科博士論文、2019年。


理事会からのお知らせ
・ 日本サルトル学会では、研究発表・ワークショップ企画を随時募集しています。発表をご希望の方は、下記のメールアドレスにご連絡下さい。なお例会は例年7月と12月に開催しています。
・ 会報が住所違いで返送されてくるケースが増えています。会員の方で住所、メールアドレスが変更になった方は、学会事務局までご連絡ください。なお、会報はメールでもお送りしています。会報の郵送停止を希望される方は、事務局までご連絡ください。
・ 今年度の冬の例会では、新訳『イマジネール』(澤田直・水野浩二訳、講談社学術文庫、2020年)に関するワークショップを開催する予定です。日程は12月19日(土)を予定しています。
nice!(0)  コメント(0) 

日本サルトル学会会報第63号(例会・理事改選延期のお知らせ)

研究例会延期のご案内
第45回研究例会の開催につきまして、ご連絡いたします。
日本サルトル学会では、新型コロナウイルス感染症の状況について理事会で協議した結果、7月に予定していた次回例会の開催を延期し、9月上旬にオンラインで開催することにいたしました。プログラム内容は、⼩林成彬氏(⼀橋⼤学)による研究発表となる予定です。
詳しい情報が固まり次第、メールおよび学会ホームページにてお知らせいたします。

理事任期の延長について
今年度は理事の改選年度にあたりますが、例会の7月開催が延期となったため、特例として理事任期を次回例会の9月まで延長することといたしました。次期理事につきましては、9月の例会のさいの総会で協議する予定です。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

サルトル関連文献
・ジャン・ポール・サルトル『イマジネール:想像力の現象学的心理学』澤田直・水野浩二訳、講談社学術文庫、2020年5月
・海老坂武『NHK「100分de名著」ブックス サルトル 実存主義とは何か: 希望と自由の哲学』NHK出版、2020年3月
・川口茂雄・越門勝彦・三宅岳史(編集)『現代フランス哲学入門』ミネルヴァ書房、2020年7月(森功次氏執筆の「サルトル」の項目があります)
・鈴木正道「ジャン=ポール・サルトル:反体制の体制化」『言語と文化』法政大学言語・文化センター、17、p. 39-60、2020年1月
・竹本研史「「特異的普遍」としての知識人 : 加藤周一がサルトルから学んだこと」『人間環境論集』法政大学人間環境学会、20(2)、p.1-27、2020年-3月
・南コニー「サルトルとグローバル・ジャスティス : ラッセル法廷50周年記念を迎えて」『神戸大学文学部紀要』47、p.65-80、2020年4月

理事会からのお知らせ
日本サルトル学会では、発表者を随時募集しております。発表をご希望の方は、下記の連絡先までご連絡下さい。なお例会は例年、7月と12月の年二回行われております。

--------------------------
日本サルトル学会  AJES  Association Japonaise d’Etudes Sartriennes
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 澤田研究室 ℡03-3985-4790
c/o Sawada, Rikkyo University, 3-34-1Nishiikebukuro Toshima-ku, Tokyo, 171-8501
E-mail: ajes.office@gmail.com   Web:  http://blog.so-net.ne.jp/ajes/

nice!(0)  コメント(0) 

日本サルトル学会会報第62号 [会報]

研究例会のご報告
 第44回研究例会を下記の通り開催致しましたので、ご報告致します。
 今回の研究例会では赤阪辰太郎氏の博士論文合評会、および谷口佳津宏氏による研究発表が行われました。以下、報告文を掲載致します。

第44回研究例会
日時:2019年12月7日(土) 13 :30~
場所:南山大学(Q棟4F 416教室)


博士論文合評会 
発表者:赤阪辰太郎(立命館大学)
「前期サルトルの哲学研究――形⽽上学の問題を中⼼に」(筆者自身による博士論文内容紹介)
特定質問者:生方淳子(国⼠舘⼤学)、⼩林成彬(⼀橋⼤学)
司会:根⽊昭英(獨協⼤学)
 
 例会の前半部では、私の博士論文の合評会を開催していただいた。
 冒頭の20分程度で私のほうから博士論文の内容を紹介した。拙論では「形而上学」という主題がサルトルの前期著作にとって文学・哲学・実存をつらぬいて独自の重要性をもっている、という仮説のもと、1920年代から40年代後半までのテクストを読み解いていった。要旨については大阪大学の機関リポジトリ上でも公開されているため、ご興味のある方は参照いただければさいわいである(http://hdl.handle.net/11094/73504)。
 その後、まず特定質問者の小林成彬氏から質問をいただいた。小林氏からは拙論の問題点を非常に詳細にわたって指摘していただいたが、ここでは頂いた質問・疑義のなかから数点を紹介するにとどめたい。紙幅の都合上、いただいたコメントの理路が正しく再現できていない点があるかと思うが、どうかご容赦いただきたい。
コーパスの問題:拙論が主に研究対象としたのは「前期サルトル」のテクストだったが、この前(中)後期という区分および論じるテクストの選択に恣意性があるのではないか。とりわけ、形而上学という主題がマルクス主義受容にともなう主体概念の改鋳にともない背景化してゆく、という筋書きに妥当性がはたしてあるのだろうか、という疑義が呈された。
『存在と無』緒論をめぐる問い:拙論では『存在と無』の取り組みを現象学的存在論と形而上学に分け、即自と対自の存在領域を設定する「緒論」が、即自と対自という二元性から存在にアプローチする視座を設定するという意味で「形而上学」に属する、と論じた。この点について、「緒論」の議論は現象主義批判から現象学的存在論へと必然的に辿りつく過程を示したものであって、そこには視座の決定や選択はないのではないか、という疑義が呈された。
承認をめぐる問い:拙論では『文学とは何か』における作家と読者の承認を論じる際に、サルトルがテクスト中で語る理想的な承認関係とは反対に、書いている現在の作家と潜在的読者、読書中の読者と作品から垣間見える作家がすれ違うようなコミュニケーション構造がみられるのではないか、と論じ、その上で承認を語ることの意義を「理念の不可能性の体験」に求め、その倫理的意義を論じた。これに対し、作家も読者も互いに自由を承認していなければ読む・書くことはできないのではないか、したがって互いの自由の想定があるのではないか、と疑義が呈された。
 以上のような質問の後に、小林氏は準備中の博士論文の内容ともかかわる「サルトルと夢」という主題について論じられ、ご発表を締めくくられた。
 つづく生方氏の質問で特に焦点となったのは次のような点である。
サルトルに独自の形而上学があるとして、それは形而上学の歴史にとってどのような貢献を果たしているのか(デカルト、カント、ハイデガーとの差異など)。
小林氏の質問とも関連するが、『存在と無』緒論においてサルトルが行っているのは彼が定義する形而上学なのか、あるいは存在論なのか(存在論なのではないか)。
他者論を扱う章において「認識」の問題と「存在」の問題を正しく区別しているか。
対自存在の出現という絶対的出来事を誕生の出来事と同一視してよいのか(『倫理学ノート』で参照される、ヘーゲルにおける人類史的な視点を考慮すべきではないか)。
 こうした質問のほか、『デカルト的省察』における、形而上学にかんする記述をめぐるハイデガーとフッサールとの思想上の対決が見られる点などを指摘され、拙稿で扱うことができなかった哲学史的な空白を補う有意義なコメントをくださった。
 会場からは、文学における形而上学と哲学における形而上学を架橋した上で前期サルトルのテクストを再評価する、という拙論の試みについて、その成否を問う声もあがった。上記のすべての質問にたいして十分な回答ができたとは言えないものの、いただいた質問については今後の研究のなかで応答してゆきたいと考えている。
 最後に、特定質問者を引き受けてくださった生方先生、小林先生、そして合評会に参加してくださった諸先生方に感謝いたします。 (赤阪辰太郎)


研究発表
発表者:谷口佳津宏(南山大学) 
「『弁証法的理性批判』における方法の問題」
司会:森功次(大妻女子大学)

 谷口氏の発表は、『弁証法的理性批判』の冒頭部分にある「方法の問題」、そして公刊された『弁証法的理性批判』の前半部分、そして未刊に終わった『弁証法的理性批判』の第二部との関係を考察するものであった。谷口氏が現在進めているこの考察作業の一部は、すでに南山大学紀要『アカデミア』人文・自然科学編第16号に「『弁証法的理性批判』における方法の問題(その 1)」というタイトルで発表されている(http://doi.org/10.15119/00002376)。この著作間の関係を問い直す谷口氏の作業は現在も継続しており、今回の発表はその作業の中間報告にあたるものといえる。
 この時期のサルトルの一連の著作群の関係に関しては、「方法の問題」で提示された「遡行的-前進的かつ分析的-綜合的方法」という方法のうち、まず『批判』の公刊部分では「遡行的-分析的」方法が採用され、『批判』の未刊部分で「前進的-総合的」方法が採用された、と見るのが従来の基本的な解釈であった。だが谷口氏はこの解釈に異を唱える。
 まず、たしかに書物の構成としては「方法の問題」が先に来て、その後に「批判」が続く形になっているが、サルトル自身が、論理的な順序としては「批判」の部分が「方法」を基礎付ける形になっていると明言している。さらに『方法の問題』の当初雑誌に発表されたバージョンでは、『弁証法的理性批判』に言及する注の部分が過去形で書かれており、そこからは『方法』と『批判』は同時期に並行して書かれていたのではないか、と考えることも可能である。そして『方法の問題』の執筆経緯をみると、これは元はポーランドの雑誌への依頼論文であり、その点に鑑みれば『方法の問題』は、サルトルが長年抱え続けていた「マルクス主義を人間化する」という問題意識のうち公にできそうな部分をひとまず執筆して形にしたといえるかもしれない。
 さらに谷口氏は「基礎づけ」という関係に着目して『批判』を読み解く。『方法の問題』における考察は、史的唯物論が正しい理論であることを前提として進められている。『批判』をその史的唯物論を検討し立証するパートとして見るならば、『批判』は『方法』の基礎を提供する作業とも言える(ただしその史的唯物論の正しさを語る際に、サルトルが自己原因的存在について以前よりも寛容な態度を見せている点は注目に値すると谷口氏はいう)。この点を逆に見れば、『方法の問題』はあくまでその基礎づけ作業が成功するまではただの仮説に過ぎないもの、と見ることもできるのである。
 谷口氏は各パートで用いられている具体例の違いについても触れていた。『方法』では過去に遡る形で人物研究が行われるが、他方、『批判』では抽象的な個人を例に議論が進められる。この〈具体例の種類の違いが、そこで採用されている方法論とどのように関係するか〉という問題意識は、哲学的なアプローチとして非常に興味深いものであり、今後のさらなる成果を期待したいところである。
 最後に谷口氏は、「記述」という作業についても触れた。谷口氏の見るところ、『方法の問題』での作業の進め方は、サルトル自身が紹介しているアンリ・ルフェーヴルの方法論とかなりの部分軌を一にしている。じっさいサルトルは『方法の問題』の中でルフェーブルに言及しつつ、a)記述的、b)分析的-遡行的、c)歴史的-発生的、という作業手順を語っている。だが、谷口氏の見るところ、両者の作業には違いも見られる。それはサルトルが「記述」の部分を「現象学的記述」として解釈している点だ。ところがルフェーブルの作業に現象学的はあまり見られないし、「現象学的記述」というものをサルトル自身がどのように理解していたのかすら、あまり明らかではない(じっさい『批判』期やその後の著作にも「現象学的記述」という語はほとんど見られないという)。サルトルが『批判』の中に、現象学的な観点をどのようにして取り込み、どう維持しているか、という点は今後の検討課題である(谷口氏はコメントの形で、ここでいう「現象学的記述」はアルフレッド・シュッツがやっていた作業のようなものとして考えられるかもしれない、という示唆をしていた)。
 最後に全体的なコメントをいくつか付して、報告を終わりとしたい。谷口氏の発表では(氏がこれまで発表してきた論文と同じく)、ある書物の出版経緯や、書籍化に至るまでのささいな表現変更――そしてそこから読み取れるサルトル自身の思想の時系列的変化――に気を払う、非常に精緻な読解作業がなされていた。またディスカッションの中で谷口氏は「現時点で言えるのはここまでで、ここから先はあくまで推測にすぎない」といった類の留保を頻繁に述べていたが、そうした解釈上の線引きに常に配慮する氏の真摯な姿勢は、同じ分野の研究者として非常に感銘を受けるものであった。緻密な読解には時間がかかる。氏の発表は、その忘れられがちな事実をあらためて示す発表であった。(森功次)


サルトル関連文献
・澤田直『サルトルのプリズム:二十世紀フランス文学・思想論』法政大学出版局、2019年12月
・イ・アレックス・テックァン「理論と冷戦 第1回 右翼的なサルトル?」鍵谷怜訳『ゲンロン』10、p. 224-233.
・得能想平「トゥルニエの「非人称主義」――サルトルの『存在と無』との比較において」『哲学論叢』46、京都大学哲学論叢刊行会、pp. 32-43.


理事会からのお知らせ
 次回のサルトル学会例会は、7月上旬にて立教大学にて開催予定です。
 日本サルトル学会では、発表者を随時募集しております。発表をご希望の方は、下記の連絡先までご連絡下さい。なお例会は例年、7月と12月の年二回行われております。

日本サルトル学会  AJES  Association Japonaise d’Etudes Sartriennes 
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 澤田研究室 ℡03-3985-4790
c/o Sawada, Rikkyo University, 3-34-1Nishiikebukuro Toshima-ku, Tokyo, 171-8501
E-mail: ajes.office@gmail.com   Web:  http://blog.so-net.ne.jp/ajes/

nice!(0)  コメント(0) 

講演:日本で暮らす外国人 サルトルから考える仮放免者問題と私たち [サルトル関連情報]

国際連携本部フランス研究主催イベント 日本で暮らす外国人 サルトルから考える仮放免者問題と私たち

日時:2019年11月28日(木)15:20-17:00
会場:明治大学 和泉キャンパス 第二校舎 5番教室(明大前駅より徒歩5分)
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/izumi/access.html

講師:永野 潤 氏(首都大学東京等非常勤講師)
国際連携本部フランス研究主催イベント

日本には、入局管理局から国外退去命令を受けたものの、難民の申請中である、日本に家族がいるなど、帰国できない事情を抱える外国人が暮らしています。書類上、「仮放免者」と呼ばれる人たちです。仮放免者の多くは、入管の収容所できびしく長い収容生活を送った経験を持ちます。2007年以降で収容中 (手続き中も含む)に起きた死亡件数は15件にのぼります。本講演では、「反ユダヤ主義はユダヤ人の問題ではない、われわれの問題であ る」「第三世界は郊外にはじまる」という言葉を遺した、フランスの哲学者サルトルの人種差別・植民地主義に関する思想を手がかりに、日本における外国人収容の歴史をたどり、現在の難民・移民問題と日本社会、つまり私たちと の関わりについて考えたいと思います。

※申込不要・入場無料

お問合せ先:明治大学国際連携事務室
E-MAIL: ico@mics.meiji.ac.jp TEL: 03-3296-4591/4191
※申込不要・入場無料

お問合せ先:明治大学国際連携事務室
E-MAIL: ico@mics.meiji.ac.jp TEL: 03-3296-4591/4191

https://www.meiji.ac.jp/cip/info/2019/6t5h7p00001v71pq-att/6t5h7p00001v71qp.pdf?fbclid=IwAR3IcDXYnbyeTaQ-IjoJe6HscfBx8OHSd1x44JnNoOMP9ugOtKvHKy16kro
nice!(0)  コメント(0) 

日本サルトル学会会報第61号 [会報]

研究例会のご案内
第44回研究例会を下記の通り開催致しますので、ご連絡致します。
今回の研究例会では、最近博⼠論⽂を提出されました⾚阪⾠太郎⽒の博⼠論⽂合評会、および⾕⼝
佳津宏⽒による研究発表が⾏われます。
当学会では⾮会員の⽅の聴講を歓迎致します(無料)。多くの⽅のご来場をお待ちしております。
第44回研究例会
⽇時:2019 年12 ⽉7 ⽇(⼟) 13 :30〜
場所:南⼭⼤学(名古屋市昭和区⼭⾥町18)Q棟 4F 416教室
※名古屋での開催となりますのでご注意下さい。
南⼭⼤学へのアクセス
地下鉄名城線「⼋事⽇⾚」駅より徒歩約8分
地下鉄鶴舞線「いりなか」駅1番出⼝より徒歩約15分
https://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html

研究発表
13:30〜16:00
発表者:⾚阪⾠太郎(⽴命館⼤学)
「前期サルトルの哲学研究――形⽽上学の問題を中⼼に」(筆者⾃⾝による博⼠論⽂内容紹介)
特定質問者:⽣⽅淳⼦(国⼠舘⼤学)、⼩林成彬(⼀橋⼤学)
司会:根⽊昭英(獨協⼤学)
※ ⾚阪⽒の博⼠論⽂の要旨はこちらで公開されています。http://hdl.handle.net/11094/73504
博⼠論⽂の本⽂pdf をご希望の⽅は、⾚阪⽒までご連絡ください。
(連絡先::shintaro_akasaka@hotmail.com)
16:15〜17:30
発表者:⾕⼝佳津宏(南⼭⼤学)
「『弁証法的理性批判』における⽅法の問題」
司会:森功次(⼤妻⼥⼦⼤学)

懇親会 兼 研究相談会 18:30 頃〜

サルトル関連⽂献
・ ⽔野浩⼆『倫理と歴史:1960 年代のサルトルの倫理学』(シリーズ〈哲学への扉〉)⽉曜社、2019.
・ ⻄⽥勝「サルトルとカミュの受容 (フォーラム 引揚げとは何か? 主として⽂学にとって) ――(コ
メント)」『植⺠地⽂化研究 : 資料と分析』(18), 42-45, 2019.
・ 堀⽥新五郎「知性とその外部──ソクラテスとサルトルを起点として」『奈良県⽴⼤学研究季報』
29(4), 1-25, 2019.

理事会からのお知らせ
⽇本サルトル学会では、発表者を随時募集しております。発表をご希望の⽅は、下記の連絡先までご連絡下さい。なお例会は例年、7⽉と12⽉の年⼆回⾏われております。

nice!(0)  コメント(0) 

研究例会のお知らせ [研究例会のお知らせ]

研究例会のご案内
第44回研究例会を下記の通り開催致しますので、ご連絡致します。
今回の研究例会では、最近博士論文を提出されました赤阪辰太郎氏の博士論文合評会、および谷口佳津宏氏による研究発表が行われます。
当学会では非会員の方の聴講を歓迎致します(無料)。多くの方のご来場をお待ちしております。

第44回研究例会
日時:2019年12月7日(土) 13 :30~
場所:南山大学(Q棟4F 416教室)
※名古屋での開催となりますのでご注意下さい。

研究発表 
13:30~16:00
発表者:赤阪辰太郎(立命館大学)
「前期サルトルの哲学研究――形而上学の問題を中心に」(筆者自身による博士論文内容紹介)
特定質問者:生方淳子(国士舘大学)、小林成彬(一橋大学)
 司会:根木昭英(獨協大学)
※赤阪氏の博士論文の要旨はこちらで公開されています。http://hdl.handle.net/11094/73504
    博士論文の本文pdfをご希望の方は、赤阪氏までご連絡ください。
(連絡先:連絡先:shintaro_akasaka@hotmail.com)

16:15~17:30
発表者:谷口佳津宏(南山大学)
「『弁証法的理性批判』における方法の問題」
司会:森功次(大妻女子大学)

懇親会 兼 研究相談会  18:30頃~
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。